TOPページ サイト案内 掲載雑誌 FTC 関連書籍 テレビ出演 イベント情報

「はなまるマーケット」素敵にアンチエイジング生活の中身

[カテゴリー: テレビ出演 / 健康食品 / 君島十和子 ]
[2012年09月19日(水) 16:57]

2012年9月19日(水)、TBS「はなまるマーケット」に君島十和子さんがVTR出演されました。
同番組のメインコンテンツ「とくまる」、この日のテーマはアンチエイジング。
構成は「20歳若返る!」で話題の南雲吉則医学博士(57)による「20歳若返る!アンチエイジング生活」と君島十和子さんによる「キレイに年を重ねるアンチエイジング生活」の2本柱。

「20歳若返る!アンチエイジング生活」

南雲吉則医師と君島十和子さんの組み合わせ。
どこかで見たような。。

2012年7月11日、18日に放送された「探険バクモン(NHK総合)アンチエイジングはどこまで可能か?」を思い出さずにはいられません。
「とくまる」スタッフが同番組を参考にしたことはほぼ確定ですが、「どの程度参考にしたのか」によって視聴者の評価は上下します。
リスペクトなのか、丸パクリなのか。
換骨奪胎なのか、焼き直しなのか。

前半の南雲吉則医師のVTRは、開いた口が塞がらないほど「探険バクモン」と近似していました。
講演会の様子や手術の様子が申し訳程度にはさまっている以外は、内容のみならずカメラアングルやテロップに至るまでその影響を色濃く受けていることが明白でした。

ということで、内容が気になる方はこちらをご覧ください。
【探険バクモン】アンチエイジングはどこまで可能か? PART1-(後編)


「キレイに年を重ねるアンチエイジング生活」


さて、後半は君島十和子さんのパート。
君島十和子さんの自宅で、本人(および旦那さん)が撮影した日常をさらりと紹介した後で、これまた「探険バクモン」でも見た紫外線完全防備体勢の十和子さんやデスクにタオルを敷いてヒジをケアする十和子さんが登場。

その後、スキンケアの方法を丁寧に解説する十和子さん。
ただその情報はオフィシャルサイトでも掲載されているので割愛。
とくまる|20歳若返る!アンチエイジング生活


40代からの美を作る究極レシピ


ラストは医食同源ならぬ美食同源、ということで、君島十和子さんが自慢のレシピを2品紹介。
最初は「長イモとオリーブオイルのポタージュスープ」。
お料理番組風に君島十和子さんとアシスタント役の庄司麻由里さんがキッチンスタジオで料理を作っていきます。

なお、どうでもいいことですが、「ポタージュ」とはフランス語でスープ全般を指す言葉なので、日本でよく見かける「ポタージュスープ」という表現は「スープスープ」という意味になります。
ではなぜ「ポタージュスープ」と表現されるのかというと、日本ではとろみのついたスープを「ポタージュ」、澄んだスープを「コンソメ」と区別しているからと思われます。

で、さらにどうでもいいことですが、「長イモとオリーブオイルのポタージュスープ」は長イモを摺り下ろしたスープなので当然とろみがある(つまり日本で言うところの「ポタージュ」)のですが、材料は「コンソメスープの素」を使用しています。


最後は「鉄の女の牛肉レシピ」。
「食べると(元英国首相)マーガレット・サッチャーになれる!」という究極料理ではなく、「鉄分が上手に摂れる」という牛肉料理です。
「貧血ではない血液をお肌に入れると血色もよくなり、色つやもよくなる」と十和子さん。

VTRが終わり、スタジオにはすでに出演者らの前にこの2品が用意され、みんなで「おいしいおいしい」言いながら、各自VTRの感想を述べて終了。
レシピや作り方はオフィシャルサイトへ。
とくまる|20歳若返る!アンチエイジング生活


番組を見た感想


君島十和子さんのパートの後半、お料理レシピの紹介は去年出版した『君島十和子の「食べるコスメ」』(下画像)を映像化した感じで「探険バクモン」との差異をアピールできていましたが、それ以外の、特に南雲吉則医師のパートは「何もここまで(以下略)」と思いました。
アンチエイジングについて考えさせる、という点でもエンターテイメントの面でも「探険バクモン」の方が勝っていたと思います。


君島十和子の「食べるコスメ」
[絶賛発売中!] 君島十和子の「食べるコスメ」


というわけで、見逃した方はこちらをどうぞ。
【探険バクモン】アンチエイジングはどこまで可能か? PART1-(前編)



QVC FTC人気ランキング1位!

»トワコスタイル ラメラゲル リンクルモイスチャーDR 2個セット

関連記事

このブログ記事と同じカテゴリーのブログ記事

Amazonで「十和子」さんを検索