TOPページ サイト案内 掲載雑誌 FTC 関連書籍 テレビ出演 イベント情報

君島十和子流『冬のスキンケア』大全の概要

[カテゴリー: コスメ・化粧品 / 掲載雑誌・新聞 ]
[2007年01月16日(火) 17:22]

1月15日(月)発売の女性週刊誌『女性自身 1月30日号』に君島十和子さんが実践する冬のスキンケア記事が掲載されています。
記事タイトルは「ミラクル潤肌の秘密をすべて公開 君島十和子流『冬のスキンケア』大全!」。
サブタイトルは「乾燥対策、目元ケア、愛用アイテムから水仕事での"ながらハンドケア"まで」。
白黒3ページ。
以下同記事の概要。


女性自身 1月30日号 君島十和子流『冬のスキンケア』大全!
『女性自身 1月30日号』
君島十和子流『冬のスキンケア』大全!

イオンスチーマーでクレンジング

女性自身2007年1月30日掲載ナノケアプラチナ
ナノケアプラチナでクレンジング


ホコリや花粉などが付着したメークをいきなり落とすのは、汚れで顔を擦っているのと同じ。
スチームを当てると、毛穴を開き、乾燥したメークを剥がしやすくなる。
同時に血行もよくなり、クレンジング後の美容液の浸透率も向上。

一番のお気に入りは「イオンスチーマー ナノケア プラチナ」。
旧バージョンと比較して、ミストの勢いと範囲が格段に向上した。

日中メークをして過ごした肌は、化粧品の上にホコリや花粉などが付着した状態。いきなりクレンジングをしてしまうと、汚れで顔を擦ることになってしまいます。そこで活躍するのがスチーマー。温めることで毛穴が開き、少し水分を与えることで乾燥した化粧品が緩んで、肌から剥がれやすくなるんです。また、スチーマーを使うことで、肌の血行もよくなり、その後に使う基礎化粧品の浸透力も高まるんですよ」

「保湿ケアの中で、一番のお気に入りはイオンスチーマー。以前から愛用していたのですが、昨年発売された「イオンスチーマー ナノケア プラチナ」は、ミストの勢いと範囲が格段によくなったんです。これをまずクレンジングのときに使います」
『女性自身 2007年1月30日号』p.165~166

[手順]

  1. スチーム式美顔器で毛穴を開く
  2. アイメークを落とす
  3. 顔全体を上から下へ落とす
  4. クレンジング剤をティッシュでオフする


[ポイント]

  • スチーマーを1~2分あて、アイメーキャップリムーバーでアイメークを落としてから顔全体のメークを落とす
  • クレンジングジェルを両手で温め、毛穴の向きに逆らわず上から下へ滑らせるようになでる
  • ティッシュを顔に貼り付け、クレンジング剤を押さえるようにそっと剥がす
  • もう一度、スチーマー→クレンジングジェル→ティッシュを繰り返し、洗顔
  • 【注意】:絶対にティッシュで顔を擦らないこと

化粧水は中指と薬指で押さえるように

女性自身2007年1月30日掲載化粧水
肌への浸透力の高い化粧水を選ぶこと


肌細胞がふっくらしていないと、美容液やクリームに含まれる美容成分の効果は発揮されない。
日本人の肌は薄くきめ細かいため、水分や入りやすく逃げやすい。
アルコール度の低い保湿美容液を使うと、肌に水分を与え、肌細胞がふっくらする。

肌をぱしゃぱしゃたたくとその刺激で肌が閉じてしまう。
手のひらやコットンに化粧水をつけると、そちらに化粧水が吸い込まれてしまう。
美容液をつける要領で中指と薬指で優しく押さえるのが十和子流。

愛用している化粧水はスプレー式の「フェリーチェ・トワコ パーフェクト エッセンスローション」。
スプレーで一吹きすると美容成分がミスト(霧)状に。
肌への浸透を待って次のステップへ。



フェリーチェ・トワコ エッセンスローション(美容液ローション)icon
フェリーチェ・トワコ

エッセンスローション
(美容液ローション)
icon

種別:美容液ローション
内容量:80ml(約30~50日分)


フェリーチェ・トワコ パーフェクト エッセンスローション(美容液ローション)注文&詳細

[商品説明]
低分子ヒアルロン酸にこだわり、植物エキスをたっぷり配合した美容液。
潤いを与え、ハリのある透きとおるような肌へと導きます。
香りは、爽やかなグリーンティーの香り。>>続きを読む


乳液・クリーム、十和子流は4点置き


乳液・クリームは目の下と法令線の4点置き
乳液・クリームは目の下と法令線の4点置き

(左)エネルジピュール/ダニエル ドゥ ウィンター ジャパン
(右)コスメデコルテAQ バイタライジング エマルジョン/コスメデコルテ


乳液は肌に浸透しやすく、長時間保水してくれる。
たっぷりの乳液の後に、ごく少量のクリームで蓋(ふた)をするのが十和子流。
皮脂分泌量は肌の場所によって異り、肌の状態も日々異なる。
毎日同じ作業の繰り返しではなく、そのときの肌の声を聴いて、必要なケアをプラスする。
両頬・鼻・顎・額の5点置きではなく、目の下と法令線の4点置きが十和子流。
乳液やクリームを塗っているときは「効いてね」と願いを込めたり、「もう少し上にいたはずでしょ」と肌に語りかける。


「よく化粧品の使用説明書には、"頬と鼻の頭、顎、額の5箇所におきましょう"と書いてありますが、私は目の下と法令線の上の4点おき。乾燥している箇所に丁寧につけた後、指に残った分を、額や鼻、顎にのばす程度で十分」
『女性自身 2007年1月30日号』p.167


[ポイント]

  • 乾燥しやすい目元や頬、口のまわりは重点的に、皮脂分泌量の多いところは少なめに
  • 乳液やクリームはたるみの気になる法令線に沿って、下から上につける
  • 顔全体をリフティングするように、骨格を確かめるようなつもりで下から上に優しく押し上げる
  • たっぷりの乳液の後に、ごく少量のクリームで蓋(ふた)をする

[十和子さん愛用乳液]


コスメデコルテAQ バイタライジング エマルジョン/コスメデコルテ



コスメデコルテAQ バイタライジング エマルジョン注文&詳細

まろやかな感触で浸透力が高く、角質層の奥から柔らかさが実感できる乳液。
『女性自身 2007年1月30日号』p.167


十和子流"冬の家事"から手荒れを防ぐ方法


十和子流冬の家事から手荒れを防ぐ方法
十和子流"冬の家事"から手荒れを防ぐ方法


水仕事だけでなく、重いものを持ったり、ほこりをかぶったりしただけでも手は荒れる。
拭き掃除のときは薄手のコットンの手袋(100円ショップや量販店で販売)を着用。
長時間掃除をするときは手袋をはめる前にハンドエッセンスを塗っておく。
水仕事の場合は、コットンの手袋の上からゴム手袋を着用。
重たい荷物を持つときはシルクの手袋を愛用。
バッグと車内、キッチンにはハンドクリームと手袋を常備。


「食器洗いをするときは、熱いお湯で洗うように。すると、食器に水滴が残らず、早く乾きますし、肌はまるでパラフィンパックをしたときのように、しっとりしますよ」
『女性自身 2007年1月30日号』p.167


[十和子さん愛用ハンドクリーム]

フェリーチェ・トワコ ハンドエッセンス(美容液クリーム)icon
フェリーチェ・トワコ
ハンドエッセンス(美容液クリーム)icon

種別:ハンドエッセンス(美容液クリーム)
内容量:50g(約30~60日分※約100回分)


フェリーチェ・トワコ ハンドエッセンス(美容液クリーム)注文&詳細

[商品説明]

美容液にも使用される成分を配合したハンドエッセンス。
透明な手袋となって、お肌を包み込んでくれます。
香りは爽やかなグリーンティー。>>商品詳細

[関連記事]
女性自身1月30日号に君島十和子流「冬のスキンケア」掲載



»トワコスタイル セレブヘアラメラシャンプー&トリートメントSPセット

関連記事

このブログ記事と同じカテゴリーのブログ記事

トラックバック

» 女性自身1月30日号に君島十和子流「冬のスキンケア」掲載 from 君島十和子さん最新情報
1月15日(月)発売の女性週刊誌『女性自身 1月30日号』に君島十和子さんが実践する冬のスキンケア記事が掲載。記事タイトルは「ミラクル潤肌の秘密をすべて公... »詳しくはこちら

» プラチナ プリンセス パーティ開催レポートが公開 from 君島十和子さん最新情報
2006年11月13日(月)に開催されたイオンスチーマー「ナノケア プラチナ」販売記念イベント「プラチナ プリンセス パーティ」の様子がわかるレポート記事... »詳しくはこちら

コメントを投稿

(コメントが表示されるまでしばらく時間がかかります)

Amazonで「十和子」さんを検索